« 2003年7月 | トップページ | 2004年6月 »

08/22/2003

ラスト・ラン

DSCN0057 DCN0005 SCN0028 DSCN0083
現在、京都府舞鶴市にいます。ローソン前にて
今日が今年の旅の終わりです。
今年の最終目標は福井県の小浜市です。
残り50㌔ぐらい・・・
下手したら夜中の走行になる予定ですが今年の走り納めとなります。
もう1800㌔走ってきています。
しかし、みんな今日が終わりだということを知ってか知らぬか。
いつもより元気です。
残り50㌔気合をいれてがんばりたいと思います。

日記が随分飛んでしまいましたが帰ってから書き込みます。
では。

ps.若松院長
姫は、相変わらず、ジャジャ馬です。
では

続きを読む "ラスト・ラン"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/15/2003

人の暖かさ

simane DSCN0046
領収書の山を見て帰りたくなくなったガッちゃんです。こんばんも

最近、感想が少なくなってきたので、閉鎖寸前のホームページ・・・。
感想ないですね若松院長?修院の方々?

と言うこで、今日は簡単に!?<見る人いないし・・・イジケル

11日 長門市大寧寺宿泊 浩平リーダー ドシャぶり雷 
12日 田万川キャンプ場 徒歩チームと合流 政則リーダー 87k
13日 浜田市漁港にて宿泊 65k 裕太リーダー
14日 温泉津港にて宿泊 夕日がきれい 45k 雨の中の走行 和広リーダー
15日 道の駅「湯の川」にて宿泊 俊君リーダー80㌔ 向かい風に阻まれ疲れました。

▼ 余談 「応援」 ▲


挨拶したり手を上げて合図したり、すれ違うライダー、チャリダー、徒歩ダーにようやく旅人同士の挨拶にもなれ 
そして、毎日のように沢山の声援の中、東京に向かってます。
車の中から町行く人から「がんばれ」「がんばってね」「すごいね!」「きをつけてね」・・・・・
そして、沢山の親切。星美ホームの職員、シスター達の応援。

子ども達の後ろを走りながら自分が昔自転車で日本一周したことを降りかえることが多くなりました。
この日本縦断が始まった頃、子ども達が・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。

子ども: どうしていつもこんな辛い合宿? ガッツが自転車で走ったときはどうだったの?
ガッツ: 実は俺も日本一周したとき、初日に何でこんな辛いことをやろうと考えたのか後悔したよ。
     毎日思っていたし何度、やめようと思ったか・・・・。
子ども: ・・・・・

と、こんな話をしていました。

そんな中、今回の子ども達との日本縦断で気づいたことが・・・
僕自身日本一周をしたときには、毎日毎日、辛くて「もう止めよう」「こんなことをやってもなんにもならない!」と考えて走っていたのですが
どうして、達成できたのか?
どうして、やめなかったのか?

それは

車の中から手を降って声援してくれる人、家に泊めてくれる人、近寄ってきていろんな事を教えてくれる人・・・
そう    
毎日毎日の出会う人達の親切と声援があったからこそ続けられたのだ な~ と。
見ず知らずの人からの応援、声援、親切・・人の暖かさを感じられるから・・・・

7人の子ども達も沢山の人の声援と親切によって日本の東西南北に行く事と日本縦断とを達成してほしいと
心より願っているところです。
今は気づかないかもしれませんが・・・


■ 東京まで期間内で帰れそうにないので、来年からのスタートは今年終了したところから北上します。日本縦断と東西南北制覇に焦点を絞りました。東京へは寄りません


道の駅「湯の川」にて

続きを読む "人の暖かさ"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/10/2003

九州縦断達成!九州脱出成功!

kannmon kannmon2
毎日毎日滝のように汗を流してもポンポコリン?のガッちゃんです。こんばんみゅ

台風も通り過ぎ、また暑い日差しが帰ってきました。

9日 54㌔
居心地の良いホテルを後にして、台風後の福岡市内を走りぬき今日こそは九州をぬけるぞーーーと思っていたのですが
休み後の後遺症かぜぇんぜぇん進みませんでした。(TT) 54㌔ 本城公園宿泊

10日 走行距離75㌔

今日こそはと、朝4:00に起き、元気一杯飛び出し、もちろん道行く人の黄色い声援を受けるながら、またまた道を間違えながら
等々たどり着きました「めかり公園」 そう・・・ここに唯一の歩行者、自転車、スクーターが通れる地下通路(海底トンネル)があります。
みんなで記念撮影をして・・・・・

ターラン♪ターラン♪(ジョーズの音楽
「行くか帰るか」の選択の時tがやってきました? <後で説明
何と・・・一人の挑戦者が東京に帰ることになりました。(TT)
:聞きました。「本当にいいのか?」「後悔しないか?」・・・・
お別れのときがやってきました・・・・
今度は、いつか一人でチャレンジする事を祈ってます。

7人になったグループで海底トンネルを抜けて本土上陸。(この日を待ち望んでました.。
長かった~~九州・・・・ <遠くを見る目
トータル走行距離1000㌔を越えました。 ふぅ・・・何時になったら東京に帰れるのか?


今日は少しがんばりました。75㌔ 山口県豊浦町の小串後浜海水浴場にて宿泊。安くしてもらいました感謝!

明日も4:00起きだそうです

続きを読む "九州縦断達成!九州脱出成功!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/08/2003

台風10号との遭遇

hoteru fukuoka
台風がくるとワクワク・ドキドキする ガッチャンです。こんばんもw

6日の話から・・
6日の日はあまり距離は走らないと(3時に着く予定)のリーダー(俊君)のお言葉を信じ、テントも張らずにみんなで野宿をした公園を後にして元気一杯?に出発しました。
が、世の中そんなに甘くはありません。阿蘇山と同様に、まずは国見山の坂道に阻まれ1㌔毎に休憩、容赦なく照りつける太陽と延々と続く坂道にみんなヘトヘト汗はダラダラ。・(ノД`)・。
そして、リーダー俊君と良之君のパンク(´Д`;)・・・・
途中で走行距離を変更したのはよかったが宿泊場と思っていた温泉が潰れていた;;<ばかやろう
仕方なく最初の目標地「虹の松原」の近くの温泉に着いたのが7時を回ってしまい温泉に入って出てきたのが10時。そして虹の松原にある芝生にテントを張ろうとしたら警備員に見つかり撤退w
仕方なく近くにあった墓場付き、多量の蚊付きのキャンプ場にみんな無言でテントを張り寝る。疲れた一日だった。

7日の日は、昨日の疲れがあるのでリーダー良之君は短い距離に設定。それに今日か明日には台風が来るとの事だったので、福岡市内に入ってしまうと民宿がないので福岡市内手前か先に行くように指示する。

今日は、昨日とは大違い登り坂の全くない平坦な道、天気も良く空には入道雲・・・ガンガン進んでいく。これまでの中で一番気持ち良く走れた。
なんど午前中に目的の「生の松原」に着いたので福岡市内を抜けてしまおう・と・・
が・・・世の中そんなに甘くない。
福岡市内に入り昼食を取り、余裕があったので休憩を長く取っていました。
 
 裕太君:台風がきたらどうするの?
 ガッツ:逃げる。
 裕太君:逃げられるの?
 ガッツ:がんばれば逃げられる。今度の台風が遅いから時速30㌔で走れば(. .;
 裕太君:・・


ところが13:00過ぎになるとみるみる空が曇ってきて、大粒の雨が・・・

来た来たーーー
た・い・ふ・う

人に聞いたり、タウンページを見たりするがやはり民宿は福岡市内には存在しないようだ。
仕方なくたっちゃんにビジネスホテルを探してもらい、ドシャぶりの中5㌔先のビジネスホテルに逃げ込む。

ここ数日、疲れが溜まっているためかなかなか前に進まなかったので
子ども達にとっては良い休暇になったのでは。

おしまい。

続きを読む "台風10号との遭遇"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

08/05/2003

最西端に到着!九州横断達成!

12s 10s
暗闇では顔が見えなくなってしまったくろんぼガッツちゃんです。こんばんみゃ

昨日、やっとポイント2番目、最西端に到着しました。
昨日のリーダーは裕太君。何度も道を間違ってみんな切れる寸前。
疲れ果てた体に鞭を打ちやっとのおもいで最西端に午後6時に到着。夕日がきれいでした。
セイコシスターのおねえさんの計らいで民宿に泊まることができみんなひと安心。
洗濯もしていただきゆっくり休みました。

今日はというと、リーダー山田君。いつもの性格があだとなり、道を間違え?と言うより無計画。その先25㌔でドシャぶりに合い小学校に非難・・・でもって
その小学校の先生と校長先生に道のことを聞き、更に和広君はパニック?
で、来た道を帰って温泉に行くことに、
で、また、道を間違え登り坂にでくわしヒンシュク・・・・
で、今日の走行距離は40㌔進んだ距離は-10㌔・・・・

和広君にお恵みあれ


  ・
  ・
  ・
で、現在PM10:00まわりました。
上記はPM6:00ぐらい
その後、温泉に行く途中(いつも寝るところは温泉の敷地内)またもや道を間違えみんなにヒンシュクそして寝れるとおもっていた温泉が泊まれず更にヒンシュク
決死の覚悟でリゾートホテルに庭にテンとを張らしてくださいと頼みに行くが簡単にアシラワレしかたなくゲリラ宿泊?
ヨットの沢山浮かんでいる前の芝生でねます
おやすみなさい。

続きを読む "最西端に到着!九州横断達成!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2003年7月 | トップページ | 2004年6月 »